言葉は水物、すぐに死ぬ

意識のうちに消失しないうちにさっさと文章にしましょう

日記:東京、飛行機、ふわふわ

・飛行機

飛行機に乗った。そのときの不思議なふわふわとういたかんじがまだ残っている。

地形を見るのがとても面白いと思う。飛行機にのるたびに。

今日は澄みわたる晴れ空だったおかげで、福岡から国東半島、四国、瀬戸内海としっかりみえた。

国東半島はみていておもしろかった。真ん中からなにかが吹き出して、それがあふれ流れ出たものがそのまま固まったようだった。

そうしてできた地形の、山の隙間に詰め込むように家や田畑が広がっていた。

とても縦長の隙間に詰め込むのがなんだかおもしろくて。

しばらく眺めていた。

離島はさらに面白かった。

島のわずかな平地、外側のへりに沿うようにちまちまと家がたっていて、ケーキのふちに飾りつけをしたようになっていて。

それが自然にそれを選んだのだな、という感覚があった。どれだけ人間が開発するちからがあっても、地形に沿って、地形にしたがって生きているのだなと。

ただ、福岡の平野は、福岡市から大野城あたりまで、なにかでなぎはらったのかのようにたいらですこし怖かった。これだけ山だらけの地形で、一部だけあまりに平らだったから。

もちろんそんなことはないだろう。平野は自然にできたもので、そこに人々が集まっているだけで、そこを人間がなぎはらったなんて、そんなゴジラじゃあるまいし。

ただなんとなーく、あっ、ゴジラが歩いたのかなと、そう感じた。

 

・チケット

あっ。そういえば栃木に行くんだった。チケットとらなきゃ。

そう考えて、テキトーに今日の朝イチの飛行機で行き、次の日の遅めの飛行機で帰るチケットを買った。

ネットでポンポン買っても、ちゃんと席がとれるもんだなとなぜか感心した。

インターネットの予約で、間違ったり、予約してたのにとれてなかったり、そんなことはいままでなかった。

だけどとてもフワフワしてるので。

価値も存在もなにもかも。

だもんで飛行機とかいう、クソデカイしセキュリティ厳重な、重圧感放ってる物体の乗車券がこんなあっさりでいいのかなぁ、という謎の不安があって。

でも現実なのだ。

ちゃあんと、色んなセキュリティをとおって、もし俺が、「おいおい、こんなので予約がとれるとかうそっぱちだろ、キャンセルしちまえ」と開き直ったにしても、必ず請求が行くように、出来ているのだ。

 

・現実

現実感がない。

高校時代の、唯一の知り合いもそんなかんじだった。

唯一の、というと誇張だろうが、他の知り合いからは避けられたりなんたり、あとはゲームをするだけの仲だったり、そんな感じで、Twitter上にはまだいるけれども、実際に会う知り合いはほとんどいない。

だからだろうか。

そもそも高校自体が、現実だったのか今でも不思議だ。

自分は高校(正確には高専だが)を辞め、そのため同窓会名簿にも載らないし、個人的に呼んでくれるほど好かれていたとも思えない。

だもんで、高専に関する何かに触れることがほとんどなく、思い出すきっかけもなく。

だから人生でそこだけ、途切れている別世界のような感覚があるのだ。

世界線を飛んだような感覚。地続きだった小学校、中学校から一気に高専に飛び、そうしてまた、一気に大学にとんだ。

だからいくらわかっていても、飛行機で飛んでいるときみたく、今見ている景色がちゃあんとした現実で、今見ている地形が自分のすんでいるところだと言われても、なんとなく別世界なのだ。

 

そんな、高校自体がフワフワしているところに、さらにフワフワとした存在がヤツだった。

 

攻殻機動隊を教えてくれたヤツは、俺と仲良くなって、ケンカして、そのタイミングですぅッと消えた。

本当に消えたのだ。

なんの予兆もなしにじわっと学校から消え、SNSのアカウントすら消え、ヤツを証明するものがほとんど消え、すぐに半年すぎた。

とてもあっさりしているが、僕もヤツの存在がフワフワしていたからか、特に気にならなかった。

あっ、消えたんだなぁ。

そんなかんじだった。

 

だがヤツはもう一度、半年後にこれまた予告なしに突如学校に復帰した。

 

そうしておれはヤツとまた再会したわけだが、ヤツはどこにも居座らず、どこかしこに色んなコミューンがあって、流浪の存在だった。

 

だから結局、またしても学校を辞め、そうして二度と現れなかった。

 

ほどなくして成績不振につき高専を辞め、大学に言った俺はそんなヤツのことも、どーも現実感がない謎の思い出として浮いたままになっていた。

 

そんなヤツもちゃんとやっぱり生きていたみたいで、東京で生きていることがようやくわかり。

ちゃんとした現実として顔を合わせる。

 

あー、現実なのかー、と、いまだ不思議な感覚だ。

まだフワフワと浮いている。

 

東京という初めてくる街のことも、羽田空港も、飛行機も、ふわふわとしてる。

 

それがしっかりと形になっていくのだろう、今日これから。

自分の体験を通じて。

 

まあ何はともあれ、東京、栃木、楽しんで参りますよ。

それはまぎれもなく、ちゃんとした現実です。